01
営業マン山田
Salesman Yamada
山田は、”シックスセンス”(第六感)を持つ営業マンです。

弊社の創立メンバーである山田の紹介をします。
山田は、”シックスセンス”(第六感)を持つ営業マンです。

”シックスセンス”を持つ営業マン

山田は約20年前において、現代で言う「ブログ」をやっていました。
本州の最南端から最北端に自転車で横断を試みた友人からインターネットを通じて現状報告を受け、GPSのない時代に遠隔地にいる友人の位置を確認して随時近況報告をインターネットに投稿していたとのことです。
さらには、欧州に旅立った友人を探すために、当時でも珍しかったであろうFAXを使い、欧州のホテルに片っ端から問い合わせたとのこと。
結局友人は見つからなかったものの、ホテルの1箇所から返信があったそう・・・。「がんばれ」と(笑)
常に冒険心を持ち、挑戦することを忘れない山田。しかし起業後はなかなか厳しい年が続いたそうです。
そのようなときに、2011年東日本大震災が起きました。ホームページ制作事業から一転してシステム開発事業へ事業形態を入れ替え、ひょんなことから復興関連システムの開発がはじまりました。
その後、商品にブラッシュアップをかけ地図が導入され、競争力を高める事業戦略へシフト。システム開発事業の一本化になりました。
山田の心の中には常に、「誰かにワクワクしてほしい」という思いがあります。
技術を高め、競争力を高めることによって他社とは違う、弊社にしかつくることのできない「喜び」を提供したいと考えています。

02
山田の営業とは何か?
Business
私の営業スタイルはボクシングで言うならインファイトです。

地図を使って業務の「見える化」「効率化」

山田いわく、「私の営業スタイルはボクシングで言うならインファイトです。」
「お客さんの懐に入って何をしたいのか?何が利益につながるのか?その仕事の真意を探ります。」
「懐に入るためには先ず心の鍵を開けなければなりません。」
「そのためには相手より先に相手のことを好きになるということを心がけています。」
お客様の懐に入るためには、お客様との雑談ができることが求められると思われます。
山田はお客様のお役に立ちたいとの思いから、流行、プログラミング言語の勉強、最先端技術の情報収集も欠かせずやっています。
余談ですが、山田宛にAmazonからの荷物がよく届きます。多くは最新のウェアラブルデバイス。山田の情報収集は日ごろの姿勢からきているのだと感じます。
なお、山田に影響されS.Kもウェアラブルデバイスを購入した模様・・・。

山田
03
募集
Business
山田に次ぐ、”シックスセンス”(第六感)を持つものを募集!

私の思う、山田の”シックスセンス”は「"キレイなジャイアン"」です。
かくいうS.Kもおそらく”シックスセンサー”。私の持つ”シックスセンス”は、「キテレツな行動力」。。。
あなたの”シックスセンス”を生かして、ぜひ弊社で活躍してみませんか?
あなたに合わせた最良の業務をこなしていただきます!

あなたの持っている”シックスセンス”

”シックスセンス”がよく分からないというかたは、下記をご参照ください。
どのような”シックスセンス”を持っているかは問いません。ぜひ一度弊社へお越しください!
「何かわたしって、人と違うよな?」
そんなかたはぜひ、弊社にお越しください!

求めている人材

・向上心があり、責任感の強い方
・挨拶がきちんとできる方 ・顧客とのコミュニケーション能力が高い方
・自分から物事を進める姿勢がある方
・新しいものなどを進んで吸収しようとする姿勢がある方