産業分野別の応用事例

不動産業

不動産管理ツール編

物件を効率よく管理し
お客様の案内をスムーズにしよう!

課題

  • 物件案内時に時間がかかりすぎてしまう
  • 物件案内時に資料を沢山持って出る必要がある
  • 案内をするエリアがわかりづらい
  • 物件の情報が分からなくなる(管理者)
  • 一つの物件に対する資料が多すぎる(管理者)
  • #不動産
  • #建設
  • #営業

システムイメージ

今回は、賃貸物件を取り扱う不動産会社の担当者が自社や他者の賃貸物件の情報を管理しつつ、お客様を連れてそれぞれの物件を案内するというパターンを想定しています。 営業担当者は事前にお客様が要望した物件を効率よく回るルートを検索します。
物件付近に駐車場があれば、近い駐車場までの場所にルートを変更します。また、物件の管理者は物件の情報に合わせてリフォーム、内装、引き渡しの情報などを位置情報に合わせて一つのシステムで管理することで、煩雑になっていた作業を集約し効率よく管理することができるようになります。

問題解決

  • 事前に案内時の最適なルートと一日の訪問時間がわかるので、お客様の案内先を効率よく計画できます。
  • 案内物件周辺の駐車場の場所を把握することができるので、駐車場を探す手間が省けます。
  • 案内したいエリアを事前に把握し、物件の詳細を現地で確認することができます。
  • 物件ごとの資料を持って歩く必要がありません。タブレットで素早く検索しご紹介することができます。
  • 膨大な物件の情報をそれぞれのカテゴリごとにまとめて、一括で管理することができます。煩雑だった資料の確認、管理を一括で管理することで業務効率化に繋げます。