産業分野別の応用事例

農業

農業編

農場を効率よく管理し
農作物の収穫率を向上させよう!

課題

  • 従事者が減っている(人手不足)
  • 農地を確保できても水の利権の問題
  • 自然災害(台風、雨、ゆき、干ばつ)
  • 農作物などを監視、害獣、害虫からの保護する
  • 作物をみるため管理の人手(水やり、肥料、日々の管理など)
  • #農業
  • #林業
  • #漁業

システムイメージ

今回は、農業に向けた農作物や土地の管理ツールです。
機能としては、農地や農作物に紐づく、様々な情報をまとめて管理することで手間を減らし効率よく管理していただくことを想定しています。
1.肥料・飼料レイヤ切り替え、2.圃場ポリゴン管理、3.属性管理、4.写真管理、5.気象情報レイヤの表示(過去〜リアルタイム)、6.センサ情報登録、7.生産管理(〜生産予想)、8.土壌管理

問題解決

  • システムを導入することで、管理の手間を減らす、また最新のテクノロジー(IoT)を導入することで若者に対する魅力を増やしていくことができます。
  • 利権情報を地図上に表示してあげることで、どの土地が有効かすぐに判断できます。
  • お天気APIを導入して、現在の天気予報、過去の天気から災害予測などを行います。
  • 監視モニタのデータを地図上で設置場所と一緒にすぐ確認することができます。
  • 害獣、害虫の出没情報を地図上にまとめて表示することで、どの農地を監視すべきか罠をどこに設置すべきか的確に判断できます。
  • 土地の属性情報を登録し、管理をしやすくする